院長紹介

ごあいさつ

院長・医学博士 水城 啓

平成30年11月5日に東京モノレール天王洲アイル駅、シーフォートスクエア2Fに「東京シーフォートスクエアクリニック」を開院致しました。
東京都済生会中央病院にて内科専門医研修修了後、消化器内科を専攻し消化器疾患および内視鏡の専門医として長年にわたり診療に励んでまいりました。この経験を活かし地域の皆様の健康づくりを目指していきたいと考えております。
高血圧・高脂血症・糖尿病など生活習慣病の予防から治療までの健康づくりをサポートします。
消化器疾患では、胸焼け、もたれ、胃の痛み、ぼうまん感、便秘、下痢など専門医が対応します。また内視鏡による診断と治療、ポリープ切除も行います。ピロリ菌の検査および除菌治療も行います。C型肝炎やB型肝炎の内服治療も行います。また当院には、最近増加している大腸憩室炎や憩室出血も専門外来もあります。
漢方や鍼灸を希望される方にも対応します。
高度な医療が受けられるよう専門病院と連携しています。
院内には患者図書室も備えており、地域の皆様の健康づくりのパートナーを目指していきたいと考えております。

東京シーフォートスクエアクリニック
院長・医学博士 水城 啓

略歴

平成元年
島根医科大学 医学部医学科卒業
九州大学内科研修
平成2年
東京都済生会中央病院 内科研修
平成18年
ハワイ大学関連施設(クアキニ病院)
平成20年
東京都済生会中央病院 内科医長
平成22年
けいゆう病院 消化器内科部長
平成30年
東京シーフォートスクエアクリニック 開院

資格

  • 日本内科学会総合内科専門医・指導医
  • 日本消化器病学会専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
  • 日本肝臓学会専門医・指導医
  • 日本消化管学会専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医
  • 日本東洋医学会会員
  • 日本温泉気候物理医学会会員
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本消化器病学会関東支部会評議員
  • 慢性便秘症診療ガイドラインメンバー
  • 医学博士
  • 医師会認定産業医
  • American College of Physicians member

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本消化管学会
  • 日本東洋医学会会員
  • 日本温泉気候物理医学会会員

主な研究論文

  1. Mizuki A, Nagata H, Tatemichi M, , et al. The out-patient management of patients with acute mild-to-moderate colonic diverticulitis. Aliment Pharmacol Ther, 21: 889-897, 2005.
  2. Mizuki A, Tatemichi M, Tsukada N,et al: Addition of Transcatheter Arterial Chemoembolization decreased local reccurence, but had no survival benefit to Percutaneous Ethanol Injection Therapy for Patients with Small Hepatocellular Carcinoma: A Multicenter Randomized Control Study. ONCOLOGY LETTERS 1: 855-859, 2010.
  3. Mizuki A, Tatemichi M, Nakazawa A, et al. Long-Term Clinical Course after Conservative and Endoscopic Treatment of Colonic Diverticular Bleeding. Digestion. 2016;94:186-191
  4. Mizuki A, Tatemichi M, Sakakibara T, et al. A Multicenter, Randomized, Open-Label Trial: Efficacy of Once-Daily Versus Twice-Daily Double-Dose Rabeprazole on Refractory Gastroesophageal Reflux Disease-Related Symptoms and Quality of Life. Curr Ther Res Clin Exp. 2016;79:1-7.
  5. Mizuki A, Tatemichi M, Nakazawa A, et al. Changes in Clinical Features and Long-term Outcomes of Colonic Diverticulitis in Japanese. Internal Medicine 2017; 2017;56:2971-2977.
  6. Mizuki A, Tatemichi M, Nagata H. Management of Diverticular Hemorrhage: Catching That Culprit Diverticulum Red-Handed! Inflamm Intest Dis 2018;1-8, Review
  7. Mizuki A, Kaneda S, Tatemichi M, et al. Validation by CT of the new Ultrasonography Classification of Acute Colonic Diverticulitis Among Japanese Patients. Cogent Medicine (2018), 5: 1507478

主な著書紹介

  1. 水城 啓:大腸憩室症、憩室炎、憩室出血。今日の消化器疾患治療指針第3版 497-500,2010
  2. 水城 啓:内科疾患インストラクションガイド-大腸憩室症Medicina, 48:240-243,2011
  3. 水城 啓:症例に学ぶ 医師が処方を決めるまでー慢性便秘。日経ドラッグインフォーメーション 185: PE013-016, 2013
  4. 水城 啓:症例に学ぶ 医師が処方を決めるまでー慢性便秘。日経DIクイズ 15: PE018-022, 2013
  5. 水城 啓:感染性腸炎・偽膜性腸炎・大腸憩室炎の薬物療法. 消化器薬:新時代の治療指針 Medicina, 51: 161-164,2014
  6. 水城 啓:虫垂炎、憩室炎:内科救急のファーストタッチ 診断と治療 増刊号,102 Suppl. 311-316,2014
  7. 水城 啓:大腸憩室症:内科プライマリケアのための消化器診療Update Medicina, 52:1722-1726,2015
  8. 水城 啓:胃炎、腸炎・下痢、便秘:泌尿器科処方のすべて-すぐに使える実践ガイド 臨床泌尿器科,70,322-333,2016
  9. 水城 啓:高齢者の大腸憩室炎、憩室出血:高齢者の消化器疾患-いつもの対処とどこが違うのか!-  Modern Physician, 52,1169-1172,2016
  10. 水城 啓:生活習慣・排便習慣の改善指導:誰も教えてくれなかった慢性便秘の診かた Medicina, 53, 1359-1362,2016
  11. 水城 啓:薬物治療を要する疾患と、その実例:急性腹症-その患者にはどんな処置が必要か? 消化器の臨床 19,377-383,2016
  12. 水城 啓:軽症から中等症大腸憩室炎に対する外来治療:私の処方Modern Physician 37,1099-1100,2017
  13. 水城 啓:OTC:これですっきり!便秘治療の悩みを解決 月刊薬事59,55-58,2017
  14. 水城 啓:治療(6)浣腸、坐薬、摘便、逆行性洗腸法:便秘治療-新たな分類と病態・診断・治療 臨床消化器内科, 2018
  15. 水城 啓:大腸憩室炎:どうマネージする?大腸憩室出血・憩室炎 消化器内視鏡 30, 781-789,2018
クリニック概要
クリニック名 東京シーフォートスクエアクリニック
診療科目 内科、消化器内科、漢方内科
住所 〒140-0002
東京都品川区東品川2-3-10 2F 217
アクセス 東京モノレール「天王洲アイル駅」中央口直結、
りんかい線「天王洲アイル駅」出口Aより徒歩4分
TEL 03-6712-8018
胃カメラ検査
大腸カメラ検査
休診日:木曜日午後、土曜日、日曜日、祝日
※受付時間は午前9:00~12:00最終受付、午後14:00~18:30最終受付
診療時間 日祝
9:00~10:00
10:00~12:00
14:00~16:00
16:00~19:00
このページの上へ